育毛剤 美容サロン 東京 YUKI*NO*SORA ・・・・・・ウソうさっ!【東方・てゐ】

*All archives   *Admin


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

・・・・・・ウソうさっ!【東方・てゐ】 

うそうさ

東方“てゐ”ちゃん描いてみたうさっにんじん

ミミロルYUKIです^^ 今流行ってるらしい・・・
“東方”というシューティングゲームのキャラを描いてみました
この子はうさぎの妖怪??らしいです。おっきなうさ耳+尻尾がキュ~ト
ゲームはした事が無いので、よく分からずに描いてますが・・・
チルットSORAくん情報で、「ウソうさ!」という嘘つきさんらしく
そんなイメージに仕上がってマスw あくどい顔とも言う・・・?


↓ぽちっと応援(各1日1回ずつ)してくださるとやる気が出ます・・・!!`×´
 にほんブログ村 イラストブログ ゲームファンアートへ  人気ブログランキング
因幡 てゐ
読み:いなば てい
種族:妖獣(妖怪兎)
テーマ曲:お宇佐さまの素い幡
能力:人間を幸運にする程度の能力
出演:
『永夜抄』5面中ボス
『花映塚』自機
『文花帖(ゲーム)』LEVEL 4
『新三月精』第3話
『儚月抄』
二つ名:
地上の兎 - 『永夜抄』
幸運の素兎 - 『花映塚』・『求聞史紀』
飛び跳ねる兎の大群 - 『文花帖(ゲーム)』
健康に気を使って長く生きているうちに妖怪になった兎。兎達の最長老で兎達の中で一番偉い。また迷いの竹林の道案内役でもあり、竹林で迷った人間に幸運を渡して外へ帰している。その幸運は阿求曰く「四十葉のクローバー」ぐらいであるらしい[1]。しかし狡猾な性格で、ある程度距離を持っている時は人気が高いが、親密になればなるほど嫌いになるタイプでもあるらしい。嘘をつく事が趣味で何度しっぺ返しを受けても懲りない。『三月精』の劇中では永琳の事を「お師匠様」と呼んでいたが『儚月抄』で永琳の言う事も聞かない事が判明。『花映塚』において四季映姫には「家族を大切にする事が善行」と説教された。その幼い外見とは裏腹に、八雲紫と同じく稗田阿一著の初代幻想郷縁起の編纂が開始された時から存在が確認されており[1]、実に1200年以上生きている事になる。また、『小説儚月抄』の第1話によると、てゐは鈴仙が永遠亭に住むようになる前から兎たちを操っていた。てゐが永遠亭を初めて訪れたのは、永琳と輝夜が隠れ住むようになってから数百年後で、その際、自分が迷いの竹林の主であると主張し、自分の兎たちに智慧を授けてくれるなら永遠亭に人間が寄りつかないようにすると言った。そしてその後、兎と共に永遠亭に住み着いたらしい。高草郡に住む兎であったという設定[39]や、天岩戸別命を「懐かしい神」と呼ぶ[40]など、因幡の素兎であることを示唆する描写が存在し、またスペルカードにも因幡の素兎伝説に関連する名前が用いられているものがある。『永夜抄』ではローマ字表記が「Tewi」になっているが、『花映塚』では「Tei」になっている。旧仮名遣いの「ゐ」を強調する為と思われるが、「Tewi」はそのまま読むと「てうぃ」である為、「Tei」に変更したと思われる。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yukiusagisan.blog94.fc2.com/tb.php/152-fe038b76


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。